Calendar
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
不定期更新
Profile
福袋特集
Mobile
qrcode
Search
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
『書きあぐねている人のための小説入門』
保坂氏の小説を一作も読んだことがないのに読んでしまった。
彼のデビュー作『プレーンソング』は、“「悲しいことが起きない」どころか「悲しいことが起きそうな気配すら感じさせないように文章を書く」”(同書76頁より引用)というルールのもとに書かれ、スッと始まってスッと終わる小説だという。小説のオチと読後のカタルシスを求めてしまう自分としては、衝撃的だった。もし本当に悲しい気配が全くない小説なのだとしたら、それはそれで始めから終わりまでゆるやかなカタルシスがあるのではないかと思う。
| 書籍:その他 | - |
『資格取得スピード王の第1種衛生管理者』
本当に30日間で受かりました。私が使ったのは2011-2012年版ですが、2012-2013年版が出版されていたのでそちらをおすすめしておきます。
効率的な勉強をするためには短期間での反復を繰り返し記憶を定着させ正答率を高めていくのが重要なんだなーと再認識しました。
| 書籍:その他 | - |
『どうせなにもみえない』
ひさしぶりに欲しいと思った画集。
表題でもある連作の三番目、表紙の女性が髑髏と濃厚な接吻を交わしつつどこも見ていない絵がとても好き。

この方の絵は血なまぐさいようなそうでもないような。血の匂いというよりは、夥しく流され尽くした血がその場にとどまり半固形になっているような手触りを感じて、つまり嗅覚ではなく触覚が刺激されている。
| 書籍:その他 | - |
『IT業界を楽しく生き抜くための「つまみぐい勉強法」』
IT業界に入って数年の新人さんあたりをターゲットにして書かれているそうですが、高校生くらいの年齢の方が、将来の職業選択のために読むのもよいのでは。
私はまったくの他業種ではありますが、参考になることが多かったです。
皆そんなに勉強してるのか!仕事のための書籍を買ってるのか!
と衝撃を受けたという意味では、自己啓発にもなりました。

著者のひとりである渋川氏が文中でご自分の名刺を公開されているのですが、機能的かつ遊び心があって素晴らしいデザインでした。
名刺の表側に、名刺交換をした日時と場所をメモする欄があるのは、機能性と利便性が高いです。
裏側に、現在の自分の興味や趣味の対象をマインドマップで表記しているのも、自己アピールに有用ですね。
私も真似しようかな。

エマジェネティックスを応用したタイプ別診断も面白かったのですが、面白いだけにもう少し詳しく読みたかったような。
しかしながら、エマジェネティックスについて詳述してしまうと本筋から離れてしまうでしょうし、バランス的にはあの分量が最適なのかもしれません。
| 書籍:その他 | - |
『この世でいちばん大事な「カネ」の話』
まず最初に、この作品がマンガではないことに驚く。
エッセイである。そして、西原理恵子の自叙伝でもある。

カネの話、といわれれば抵抗を感じる方もいるかもしれないが、そこは流石のサイバラ、全く下品な話にはならない。真剣に、真摯に、自分とカネの関わりを語る。
幼い頃に味わった貧しさ。実父の死、そして養父の死。美大時代に、出版社への持ち込みを続けて仕事を得たこと。どのように、自分が貧しさから抜け出したか。博打を10年間やってトータル5千万円擦った(上に、世界的不況の波にもまれてFXでも1千万円飛ばした)こと。
最後に、鴨ちゃんのこと。

カネの話は、それに関わる人間の、人生の話でもある。
彼女がどうやって生きてきて、これからどうやって生きていくつもりなのか、この本に全部書いてあった。
ファンならずとも、自分の道に迷っている人は、是非読んでみてほしい。
“自分探しの迷路は「カネ」という視点を持てばぶっちぎれる”の一言に、目から鱗が落ちる。
| 書籍:その他 | - |
| 1/3 | >>
Material by Night on the Planet
Template by NoIndex